最終面接までいけば、採用されたも同然と気が緩んでしまう人もいるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う

最終面接は決定権がある人物が行う

最終面接までいけば、採用されたも同然と気が緩んでしまう人もいるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。最終面接で落とされる人も現実にいますので、最後まで気を抜かずに臨むようにしましょう。最終面接は、役員や社長など、最終的に決定権を持っている人が行います。経験や人物像、スキルなどが足りていることは分かっていますので、ここでは長く勤めることができる人物か、内定を辞退しないかを判断します。ストレートに聞いてくる人もいますが、会話の中から本音を聞き出そうとするタイプの人もいます。

最終面接を担当する人物は、その会社で成功し、部下も大勢見てきている人ですので、表面上取り繕ってもすぐに見破られます。本心から言っているのか、面接用にそつなく答えているだけなのか、相手はすぐに分かります。小細工は考えず、誠意をもった受け答えをすることが大切です。最終面接で採用した人物が内定を辞退したり、入社後すぐに辞めてしまったりすると、採用した人も会社で立場がなくなります。そのため、その点を一番気にします。持っているスキルを生かせるといった、職種にこだわる発言は、希望通りの部署に配属されなかった時に、辞める可能性があると思われるかもしれません。職種よりも業界、会社に対する熱意を伝えましょう。

就職・転職・求人・求人関連のハナシは、役立つこのホームページが手軽で便利です