面接の際は声を大きくした方が良いと考えている方もいますし、緊張してしまい声が大きくなってしまう方や、反対に小さくなってしまう方もいます。

最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う

面接の際の声の大きさについて

面接の際は声を大きくした方が良いと考えている方もいますし、緊張してしまい声が大きくなってしまう方や、反対に小さくなってしまう方もいます。ちょうど良い声の大きさで面接を受けるようにしましょう。面接官の方が聞きやすい声の大きさを考えてみるようにしましょう。声が小さすぎるとなにを答えているのか全く分からずに、内容が薄い面接になってしまう場合もあります。自分が伝えたかった事が相手に伝わらないまま、面接が終わってしまう事になるので、自分が満足する面接をしたとは言えなくなってしまいます。また声が大きすぎる事によってうるさいと思われてしまう場合もあります。声が大きくて元気だと思ってくれる場合もありますが、それにも限度があります。部屋の大きさなどを考えて声の大きさを調整しながら、面接を進めて行くようにしましょう。

1つ気を付けなくてはならないことは人によって面接の際の声の大きさを変えなくてはならないと言う事になります。面接官の方が年配の方だった場合は、普通の声の大きさで話しをしてもなかなか伝わらない事もあります。年配の方が面接官だった場合は、表情などを見て聞こえているかを確認しながら、声の大きさを調整しましょう。