採用面接をパスする人物は、言うまでもなく会社によって異なります。

最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う

面接で不採用になる人の共通点

採用面接をパスする人物は、言うまでもなく会社によって異なります。会社によって求めている人材が違いますので、どれだけ立派な経歴を持っている人物であっても、採用されない会社もあります。一概にどんな対策をすれば採用されるかは言いづらいですが、面接で落とされる人には共通点があります。つまり採用される人よりも採用されない人に共通点があります。採用されない人に共通する点を知ることで、採用される確率を上げることはできます。

まずはマナーや身だしなみといった、基本的な部分です。いくら新しいスーツを着用し、整髪剤で髪を整えても、なんとなく乱れた印象を受ける人がいます。具体的にどうとは言えないが、不潔感がある人もいます。こういった人は、まず採用されません。面接の当日だけ身だしなみを整えても、それが板についていなければ違和感が出ますので、就職活動を始めるころから習慣づけておくことが大切です。次に質問されたことと答えがずれている人です。苦手な質問をはぐらかしたというなら、それはそれで一つのテクニックとも言えます。しかし簡単な質問なのに意図を理解していないとなると、理解力のない人物という評価になります。当然採用は見送られます。