採用面接では、積極的な人材ほど好まれます。

最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う

面接では明るく積極的な雰囲気を

採用面接では、積極的な人材ほど好まれます。日本人には、大人しくて目立たないほうが美徳というような考えが少なからずあり、年配の人は特にその傾向があります。しかし仕事の面接となると話は全く違ってきます。従業員として雇い、お給料を払って会社に利益をもたらしてくれる人間を面接しているのですから、大人しくて主体のない人間は求められていません。自分でものを考え、自主的に行動し、自分でできることは自分でする、そんな人材が会社には重宝されます。

そういった積極性を見せるには、相手の目をまっすぐに見てはきはきと受け答えすることが大切です。もじもじとしたり、うつむきがちに答えていては、一から十まで教えなくてはならない人間だと思われます。教育に時間がかかりそうな人材は、敬遠されます。明るい雰囲気を醸し出すことも重要です。暗い雰囲気の人は積極性が感じられませんので、面接官が無意識のうちに評価を下げてしまうからです。真面目で真摯な態度をとることも重要ですが、時には笑顔を見せるなど、柔軟な態度で臨むことも心掛けておくと良いでしょう。面接がいくら上手くいっても、約束の時間ギリギリに到着したり、ましてや遅刻したりしてはいけません。早すぎるのもいけませんが、心の準備をする程度の余裕をもって到着するようにしましょう。

就職・転職・求人・求人関連のハナシは、役立つこのホームページが手軽で便利です