一般的に正直は美徳とされていますが、面接の時には嘘も方便となります。

最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う

面接では正直が仇になることも

一般的に正直は美徳とされていますが、面接の時には嘘も方便となります。なんでも正直に答えると不利になることを覚えておきましょう。例えば前の会社の退職理由などがそれにあたります。実際には人間関係が上手くいかなかったからとか、仕事が面白くなかったからとか、何らかの不満があって退職した場合でも、そのまま伝えるのは賢い方法とは言えません。向上心があって、自分の能力をより生かせる会社に就職したいというような構成で話をするのが基本です。

退職経験がある人は、面接で必ず退職理由を聞かれますが、面接官も皆が皆前向きな理由で退職したとは思っていません。むしろトラブルや不満で退職した人がほとんどであろうと思っています。それでもそれを隠して上手く退職理由を述べられる人を採用します。これは、正直が良いとは思っていないということになります。嫌な客にも愛想良くしなければならないなど、仕事の上では本音を隠さなければならないことが多々あります。その点をクリアできているかを試されていると思って、わざとらしい理由でも、さも本当のように話すようにしましょう。志望動機も同じです。待遇や会社の安定性などが理由だと分かっていても、条件面以外の動機を上手に述べられるかどうかが試されています。