アルバイトから社員まで仕事をするときには面接を受けますが、この面接には一連の流れがありますのでその流れを知っておくと便利です。

最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う
最終面接は決定権がある人物が行う

一般的にある面接の流れ

アルバイトから社員まで仕事をするときには面接を受けますが、この面接には一連の流れがありますのでその流れを知っておくと便利です。まず面接ではお店や会社には10分前くらいにはついているようにし、お店や会社では面接までに時間があれば待機をしていなくてはいけないこともあります。次に自分の順番になったら面接を受ける部屋へいき、自分の名前を呼ばれたら大きな返事をして入室するようになります。部屋へ入るときには一礼をすることとドアを閉める動作をしますが、ドアを閉めるときにはきちんとドアのほうを向いて閉めるようにします。

そして面接をする部屋に入室をしたら椅子のあるところまで歩き、椅子の横に立ちますがどうぞと面接官が言うまで座ってはいけません。面接官がどうぞといって椅子に着席をするときにも、椅子の背もたれに背中をつけて座るのはマナー違反になりますので気をつけましょう。次に面接の質疑応答が始まりますがまずは自己アピールからになり、自分の名前や学歴そして職歴などを簡単に話すようになります。面接が終われば椅子から立ち上がりお礼をするようになり、部屋のドアまで歩いたらまた一礼をしてからドアを静かに閉めれば終了になります。